ティオンオフィスホワイトニング

スポンサーリンク

ティオンオフィスホワイトニングの特徴

ティオンオフィスホワイトニングのメリット

ティオンは日本の企業が開発した日本生まれのホワイトニングシステム。

 

一般に日本人の歯のエナメル質は西洋人などと比べると薄く、刺激を受けやすい歯質なので、
ホワイトニング剤による痛みをともなうことが多いのです。

 

そんな日本人ために開発されたのがティオンなのです。
ティオン・ホワイトニンクは知覚過敏などの有害事象の発生リスクを抑えるために開発されました。

 

「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)」を応用し、
比較的低い過酸化水素濃度のホワイトニング剤でも高いホワイドニング効果を実現。
低刺激高ホワイトニングを両立させた新しいシステムです。

 

 

ティオン・オフィスが進化した点は有害事象の原因でもある過酸化水素の濃度を下げつつ、
ホワ イトニング効果を求めた点。

 

これを可能にしたのが化学反応を促す仕組み(リアクター)です。
リアクターに含まれる可視光応答型光触媒は、光照射されると電子を放出して、過酸化水素と反応します。
これにより、着色物質を分解する活性酸素がより多く発生し、効率よく歯を白くできるのです。
リアクターの導入でティオン・オフィスの過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度でありながら、
高いホワイトニング効果が実現できるようになったのです。

 

1回の施術でカラーガイド6~8段階白くなります。
ティオンオフィスは、歯1本ずつに光を当てる方法と歯全体に光を当てる方法があります。

 

 

ティオンオフィスホワイトニングのデメリット

通常のホワイトニングは1回の施術で完了することはないこと。
効果は半年~1年で、その後は追加のホワイトニングが必要になり、料金がかかります。

 

初めてホワイトニンクする場合、施術後約1週間は、着色しやすいの状態なので注意が必要です。
コーヒーや赤ワインなどの飲食や喫煙は着色しやすいので控えることが望ましい。

 

また、オフィスホワイトニシグは、歯医者で行うので行くのが手間。
効果は高いが費用も高い。

 

 

ティオンオフィスホワイトニングの価格相場

ティオンオフィス 1回25,000円~50,000円

 

1回で白くなるホワイトニングは、個人用の専用キットを使用するため、料金も高くなります。
ただある程度白くしたい場合は、効果の弱いホワイトニングを何度も行うより、
1~2回で白くなるシステムのほうが結果的には安くなります。

 

ホワイトニングは最新のシステムを使用して行なっても持続は6ヶ月位なので、年2回ほど繰り返すことを勧められます。
ホワイトニングは回数を重ねたほうがより白さの定着率がよくなります。

 

 

ティオンオフィスホワイトニングの照射器・薬剤

ティオン専用照射器コスモブルー(LED)。
20%の過酸化水素濃度のホワイトニング剤を使用。

 

 

ティオンオフィスホワイトニングの口コミ

■比較的痛みもなく格段に白くなりました。

 

■通常のオフィスホワイトニグは3回ぐらい施術する必要がありますが、
ティオンは1回のみの通院で抜群の効果がありました。
ただ念のため2回行いました。

 

■刺激が少ないと言われやってみましたが、ちょっと痛みがでました。
でも他のシステムではもっと痛みが出たのかも。

スポンサーリンク