ビヨンドホワイトニング

スポンサーリンク

ビヨンドホワイトニングの特徴

ビヨンドホワイトニングのメリット

ビヨンドシステムとは、アメリカで開発された可視光線照射器を用いたオフィスホワイトニングの一種。
オフィスホワイトニングにはいろいろ種類がありますが、ビヨンドシステムは安全性が高い方法として知られています。
開発国のアメリカでは100万人以上の人が利用している人気の方法。

 

 

このシステムは、150Wのハロゲン光を採用し、ホワイトニング剤との反応を利用して歯の色素を分解します
特殊なフィルターを通して照射するので、熱さや痛みをほとんど感じることがなく、歯や歯茎に刺激を与えないのが特徴。
患者の負担が軽減されたため、ホワイ トニングに抵抗を感じていた人も施術を受けやすくなっています。
徐々に白くしていくため歯がしみたり、後戻りしにくいです。

 

また、1回の治療が数十分で済むことや2度、3度と受けると、より白くなり、色素の沈着を防ぐ効果もあります。
さらに、従来のホワイトニシグより費用が安価なのも普及の要因となっています。

 

35%過酸化水素の薬剤を使用。
1回の施術でカラーガイド2~3段階前後白くなります。

 

 

ビヨンドホワイトニングのデメリット

初めてホワイトニングする場合、施術後約1週間は、着色しやすいの状態です。
着色しやすいコーヒーや赤ワインなどの飲食や喫煙は控えることが望ましい。
その後もう一度、ホワイトニングすることで白さが長持ちします。
複数回のホワイトニングを勧められるでしょう。

 

白さを保つには、定期的にホワイトニンクを行うことが必要となり、そのための手間とコストがかかります。

 

オフィスホウイトニングは、歯医者で行うので行くのが手間。

 

 

ビヨンドホワイトニングの価格相場

ビヨンドシステムはオフィスホワイトニングの中でも比較的低コストで受けられます。
1回あたり1万円~3万円ほどとなっています。
歯医者によって価格は自由に設定できますので要注意。
一般に3回程度行います。

 

 

ビヨンドホワイトニングの照射器・薬剤

ハロゲン可視光線照射器を用いて施術します。
使用薬剤は35%過酸化水素。
高濃度の過酸化水素を「光」で活性化し、エナメル質に付着した着色物質を分解します。
ライトはホワイトニングの効率を上げるのに必ず必要になります。

 

 

ビヨンドホワイトニングの口コミ

■思っていたよりも時間がかからないのは働いている身としてはありがたい。
ホワイ トニングに関心を持っている友人たちにも安心して勧められると思いました。

 

■ホワイトニングで知覚過敏になることがあると事前に説明をうけていましたが、
こんなに激痛だとは思いませんでした。

 

■ホワ イトニング中にガードしていない部分にズキンズキンと痛みがありました。
痛み出した部分は、咬耗といわれる歯の先端のすり減った所で
保護用の水色の薬剤を付けていなかった部分でした。
すぐに痛まないように薬剤をつける処置をしたので痛みは治まりました。

 

■4時間後ぐらいに全体的にむずがゆい痛さが出ました。
痛み止めを飲むことでその後の痛みは無くなり、翌日も痛みはありませんでした。

 

■1回の施術では色が後戻りしてしまうということで計3回受けました。
数段階白くなったので満足しています。

スポンサーリンク